ダイレクトメールは意外と費用がかからない

ダイレクトメールは数千から数万通という数の手紙を出すことになるために費用がバカにならないと考えている人も多いです。しかし、大量に発注すれば、一通あたりの値段はどんどん落ちていくものです。ですから、最終的には一戸についてとても安い値段で宣伝活動をしていくことができるのです。しかもダイレクトメールのいいところは、時間がかからないという点です。スタッフが一軒一軒回らなくてもいいですし、配送は勝手に終わるので手間がかかりません。すべての人をターゲットにすることで、思わぬ人が自社商品に興味を持ってくれたりします。マーケティングをしてターゲットを絞り込んだりする手間も省けるので、一つの賢い手法だと言えます。業者に依頼をすれば、文面の作成から発送まで一括で代行してくれるので大変に便利です。業績アップの効果が大きいので、利用してみてもいいでしょう。

ダイレクトメールは住所リストで送る

会社においては顧客名簿などの一定のリストを保有していることがあります。その名簿の管理は様々で、単に社名や名前と住所しか記載していないこともあれば、過去の購買記録、年齢や業種などより細かい情報を載せて管理をしていることもあります。多くの場合はコンピュータ上で管理をしていますから、そこからデータを加工したりすることができるようになっています。ダイレクトメールの良いことは住所リストを利用して送ることができることです。データベースソフトなどで送りたい会社のリストを作成しておきます。そうすればそのリストにある会社にのみ送ることができます。100社の顧客がある場合に100社全てに出すのではなくその内の関連性の強い会社のみ50社に絞る事ができます。また他のリストを利用してそこから必要な顧客を抽出してそちらに出すことも可能です。

ダイレクトメールの活用

以前働いていた職場では、ダイレクトメールを主に活用していました。コンタクトレンズを扱う会社だったので、クーポンや新商品の案内はホットペッパーに載せるかダイレクトメールで顧客に知らせるという方法をとっていました。顧客にとってそのお知らせはすごくお得なものだったので、集客数も増えました。また口コミ等で新規客も増えてすごく売り上げにつながったように感じます。案内方法は様々ですが、直接家やメールアドレスに案内がくることでより知らせやすく、利用期限や特価情報など目を通しやすくなっています。実際、美容室などから届く案内も目を通しやすく感じます。クーポンの案内も付いており、普通に行くよりもだいぶお得な価格で美容室を利用できます。このように、直接顧客に案内ができるこの方法はすごく便利で効果的な方法はと言えるでしょう。

圧着2ツ折はがきやふちのり圧着、通常はがきDMや小ロットオンデマンド印刷等が、当社のオススメ商品です! 2000部以上のDMを発送するならDMパックへ。 ダイレクトメールの申請、印刷、宛名印字、郵便番号区分、発送までのワンストップサービスをご提供します。 お電話でのお問合せは平日月曜日から金曜日までの9時~19時まで受付中です。 メールでのお問合せは24時間受付中です。 ダイレクトメール見積もりは「DMパック」へいつでもお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*